紫外線との付き合い方|紫外線は肌老化の原因の9割

MENU

紫外線と肌老化

紫外線

 

紫外線について詳しくご存知でしょうか。

 

最も紫外線が強いのはやはり晴れた日の昼間。特に夏時期にはその紫外線量が最も強くなります。

 

曇りの日、雨の日もまた紫外線は少なからず出ています。

 

私たちの肌にとって紫外線は脅威そのもの。肌を老化させる最大の敵です。なにしろ、肌荒れ、シミなどの肌老化の原因の9割は紫外線と言われているほどです。

 

紫外線の中にあるUV-Aは肌の神秘にあるコラーゲン、エラスチン繊維を精製する繊維芽細胞を傷つけます

それによってハリや弾力が低下、シワの原因となり肌老化がすすみます。日焼けや、日焼けによる皮膚炎はすぐに目に見えてわかります。

 

しかし紫外線は長年浴び続けると蓄積され、慢性傷害として肌に残ります。

 

美容系のメディアで肌の中に隠れたシミを白黒の画面で映し出すものを見たことがあるでしょう。それが長年蓄積されたものです。

 

しかし紫外線は人間の体内でビタミンDを生成するためには必要なもの。
一日15分は日光浴をするように推奨されています。

 

紫外線を正しく理解して浴びすぎない工夫が必要です。