汗腺開通でミネラルを血液中に戻す

MENU

汗腺開通でミネラルを血液中に戻す

人は汗腺から汗を流します。

 

しかし人の体にある汗腺は500万ほどあるにもかかわらず、使われているのはその4分の1程度。実は一つの汗腺にかかる負担が非常に大きいために、本来の働きができなくなっています。

 

汗腺の本来の働き、それは、ミネラルと水分を分けること。

 

ミネラルを含んだ水分が汗腺から排出されます。本来であればミネラルは汗腺から血液の中に戻っていきますが、一つの汗腺に負担がかかっているためにその働きができません。

 

ミネラルも汗と一緒に排出されています。ミネラルを含んだ汗はべとべと。肌に残ったミネラルが常在菌のえさとなり、常在菌が増殖するときににおいを発生します。

 

常在菌の数がバランスよく保たれることで肌トラブルのない健康的な肌になりますが、ミネラルがえさになるために常在菌の数は増えてしまい肌トラブルを引き起こします。

 

体の表面から温めるのではなく、例えば岩盤マットなど遠赤外線で体の中から温めてみるとその違いが判ります。

 

今まででたことのない場所から汗が流れ、頬からも顎からも汗が出てきます。これが汗腺の開通。豊富に汗腺が開通したことで本来の働きができるようになりミネラルは血液中に戻ります。

 

汗はただの水のようにさらさらとしており拭いた瞬間にその違いに気が付くはずです。

 

肌トラブルを防止するため、実はミネラルを血液中に戻すために汗腺を開通させるという方法も大事なことです。