肌トラブル別!良い食べ物悪い食べ物とは

MENU

肌トラブル別!適した食事を摂ることでターンオーバーを正常に戻す

肌に良い食べ物、悪い食べ物があります。

 

食生活が肌に影響することは私たちは長年の経験で知っています。

 

バランスの悪い食生活を続けているとその不調が肌のトラブルとなって現れます。バランスの良い食生活、これが美しく健康的な肌を保つ秘訣でもあります。

 

基本は、主食となる炭水化物、主菜、副菜、乳製品と果物、これらをバランスよく摂取することが大切です。それでは肌に良い食べ物、悪い食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

実は肌トラブルによって「よい食べ物」は違います。

例えばニキビがあればビタミンB2、B6が脂質の代謝を促し皮脂の分泌を抑えるため効果的です。逆に、糖分や脂肪分が多いお菓子、ファーストフード、カフェインも皮脂の分泌を増やし悪影響です。

 

そのほか、乾燥肌に良い食べ物、悪い食べ物、シワタルミなどさまざまな肌トラブルに応じて適切な栄養が異なります。

 

気を付けたいのは「肌トラブルの回復が遅れる」食べ物もあるということ。

 

保湿ケア

 

脂肪分が多いもの、冷たいもの。

 

そして毎日コーヒーを飲むことを日課にしている方には気を付けていただきたいのですが、カフェインもまた抗酸化作用のビタミンCを破壊してしまうため気を付けなくてはなりません。