オーガニックコスメクレンジングの選び方

MENU

【オーガニックコスメクレンジング】選び方ポイント!

オイルクレンジングは強力!でも、オイルクレンジングは肌への負担が大きい。

 

一昔前にはほとんどのクレンジングが「オイルになった」というのに、今ではオイルは悪のように言われています。

 

これは本当なのでしょうか。

 

実はオイルが強力なのは本当です。そのためオーガニックコスメは肌の自然なターンオーバーを引き出すことが目的となっていることが多いため、「オイルクレンジング」ではなく「クリームタイプ」で優しくオフすることが一般的になっています。

 

 

クリームクレンジング

 

まずはメイクを落とす原理についてご説明しましょう。

クレンジングには界面活性剤が入っています。この界面活性剤は「水と油を乳化」させる働きを持っています。

 

例えば乳液もまた基本的には「水と油と界面活性剤」でできています。水と油は本来まじりあうものではありませんが界面活性剤が入っていることで水と油が混じあいます。同じ原理として、台所用洗剤も界面活性剤が入っており油汚れも落とすすくみになっています。

 

さてクレンジングに話を戻しましょう。

 

クリームクレンジング

クレンジングは油を使って作っているファンデーションやマスカラなどのコスメを落とすことが本来の目的です。しかしそれだけではなく、基礎化粧品である乳液やクリームなども落とし、肌の上をリセットすることが目的になっています。

 

そのため界面活性剤が含まれていますが、さらに乳化度を高めるためにオイルが含まれているのがオイルクレンジングです。

 

ただし、オイルはやはり強力であり気を付けなければならないのは、「汚れだけではなく、必要な皮脂まで落としてしまうこと」肌に必要な皮脂まで落としてしまうと乾燥してしまいます。乾燥から肌トラブルに発展する原因に。

 

ポイント

  • スキンケアの基本は「塗る」こと。
  • 一方でクレンジングは唯一「落とす」こと。

落とすことだけに集中してしまうクレンジングは肌の潤いも奪ってしまいます。

 

クレンジングに最適な成分は!?

ポイント

オイルが多いと洗浄力が強くなります。逆にオイルが少ないと界面活性剤が多くなっています。

 

クリームクレンジングは両方のメリットを生かしたクレンジングになっています。というのもオーガニッククレンジングは植物成分が主成分。それによってメイクを落としながら肌の負担も抑える仕組みです。

 

それではオーガニッククレンジングを選ぶ時に何に気を付けたらいいのでしょうか。

 

  1. 天然100%
  2.  

  3. 植物成分のオーガニック比率 95%以上

 

使い方は肌に直接手が触れることがないように、たっぷりとクリームを使いましょう。肌と手の摩擦を感じればクリームが不足している証拠です。